title-icon01介護付有料老人ホーム

SOMPOケア ラヴィーレ流山おおたかの森

ホームだより

ホームの取り組み2017年12月06日更新

新規ご入居時の3点セットです

2017年12月06日

ご入居時にお渡しする3点セットをご紹介します。

今日は新規のご入居者さまをお迎えします。
この3点は事務スタッフが用意して、
お部屋の準備を担当するケアスタッフがお部屋の入口から入ってすぐの場所に飾っています。
一日の流れは、初日から必要となる時間割となっています。

このお花はホームのレクリエーションでフラワーアレンジメントを教えてくださっている、
ボランティア講師の方が作ってくださいます。
お部屋でお花を見て、レクリエーションの参加を決めたご入居者さまもいる、
毎回暖かな雰囲気のアレンジメントになっています。

こちらはメッセージカードです。
お花もメッセージカードもお部屋に飾られる前は、
スタッフが出退勤時に目に出来る場所に用意してあります。
新しいご入居者さまをお迎えする、スタッフの心の準備の一環でもあります。
新しい家族が増えるような喜びと共に、気持ちも引き締まる。
そんなホームの雰囲気を感じていただけたら幸いです。

ホームの取り組み2017年12月04日更新

6周年記念イベントを開催しました

2017年12月01日

12月1日、ホームの開設6周年イベントを開催しました。
最初のホーム長の挨拶に続き、ご入居第一号のご入居者さまからお祝いの言葉をいただきました。
ホーム開設日にご入居いただいた方々は、今も元気にホームで過ごされています。

挨拶に続き、スタッフが手品を披露しました。
手品で使った品々は、殆どがスタッフの手作り。手品もこの日の為に練習を重ねてきました。
途中、ネタバレした箇所もありましたが、約20分間、ご入居者さまには楽しい時間を過ごしていただきました。
手品を披露したスタッフは歌も上手く、今日は唄わないのと、残念がるお声も上がるほど盛況でした。

最後は、この日の為に選んだ紅白のウサギ饅頭とお茶で締めくくりました。
可愛くて柔らかいお饅頭もとても喜んでいただけました。
これからの一年もスタッフ一同、良いホーム運営に向け励んでまいります。

ホームの取り組み2017年11月08日更新

人形劇を行いました

2017年11月03日

11月3日は文化の日ということで、
スタッフによる人形劇をご入居者さまに楽しんでいただきました。

ホームのイベントはフロア担当制です。
今回の担当は2階スタッフで、壁にチラッと見えている貼り絵のカレンダーなど、
誰もが参加しやすいアクティビティをと考えて実践しているチームです。
今回も親しみやすい『赤ずきんちゃん』『三枚のお札』を選んで練習してきました。

『三枚のお札』の中の山姥が大きくなるシーンでは、スタッフ自ら出演! 皆さま大喜びしていました。
最後は大きな拍手に包まれて、出演した? スタッフからは笑顔がこぼれていました。
上演後「次回を期待して待ってる!」と、ご入居者さまの感想を聞いたスタッフからは、
もっと練習して、もっと楽しんでいただけるように頑張りますと、意欲を覗かせていました。

ホームの日常2017年11月04日更新

防災研修実施しました。

2017年11月01日

10月30日、防災に関する研修と避難訓練を実施しました。
最初に座学にて大地震等の大災害が起こった時の対応について学びました。
その後、非常食や消火器・消火用散水栓の設置場所を確認、
実際に消火器と消火ホースはどうやって使うのかを学びました。

続いて各階にある自動火災警報装置の見方と取り扱い方と、

非常階段、非常口と扉の鍵、そして煙を逃がすためのダンパーという設備について確認しました。

通報訓練では、真剣な顔で受け答えするスタッフの姿が見られました。

一通り終わった後に各自で再度確認している姿が見られ、こっそり写真を撮りました。
この写真を見たホーム長が『1人1人が危機意識を持って参加してくれてよかった。』と、
笑顔になっていました。
出来れば無いに越した事のない災害ですが、スタッフ一人一人が日頃からしっかり学び、
行動していく心がけを持ち、いざという時に供えて行こうと思います。

ホームの取り組み2017年11月04日更新

可愛いお化けがやって来ました!

2017年11月01日

ホームお隣の建物内にある子供会のハロウィンのイベントが行われ、
子供達が仮装してホームにやってきました。

今年のハロウィンは、子供会に参加している子供達が仮装して、
近隣にお菓子をもらいにまわるイベントを行うとの事で、
ホームにも立ち寄ってくれることになりました。
10月28日土曜日、小雨が気になる午後でしたが、お化けに扮した子供達が、
お父さんお母さんと一緒にホームにやってきました。

台風の接近もあり、ご入居者さまは大事をとって玄関内での対応となりました。
「トリック・オア・トリート」
30人の可愛いお化けを前に大張り切りのご入居者さま。
お菓子をもらいそびれる子がいないようにと注意しながら一人一人に手渡していました。
お菓子をもらった子供達は南瓜のバケツにお菓子を入れて、次の訪問先に足早に移動していきました。
ちなみに、ハロウィンは日本のお盆のようなもので、お化けの仮装は、
悪魔や魔物に仲間だと思わせるためだとか!所変われば品変わるですね!!
「こんな可愛いお化けなら、いつ来ても大歓迎なのに…。」ご入居者さまがポツリともらした一言です。
本当に可愛いお化け達。また来年もお待ちしています。

ホームの取り組み2017年10月13日更新

寿司キャラバンを行いました。

2017年10月11日

寿司キャラバンを実施しました。

去る10月11日(水)、ご入居者さまが心待ちにしている寿司キャラバンを開催しました。
写真は開店前の最終確認の様子です。
すでに待ちきれないご入居者さまが着席しています。

こちらは食べ終わった後の記念の一枚です。
一度ご参加くださったご家族さまは、必ず毎回ご参加されます。
寿司キャラバンは、ご家族さまにとっても、
ホームで暮らすご入居者さまと一緒に外食気分が味わえる貴重な時間となっています。

ホームの取り組み2017年10月07日更新

成田航空科学博物館に行ってきました

2017年10月04日

10月4日、ご入居者さまと一緒に外出レクリエーションで、
成田市にある成田航空科学博物館に行ってきました。

旅客機のコックピットを足早に通り過ぎ、客室乗務員のユニフォームの変遷の展示物に通りかかると、
「お洋服にも時代を感じるわね~。」と、ちょっと止まってじっくり観察されるご入居者さま。
機械類よりも興味津々のご様子でした。

少し進むと、自転車のようなペダルを漕いで、自力で起こした風の風力を測れる体験コーナーがありました。足に自信があるご入居者さまがさっそく挑戦していました。

その後、廊下にある展示物の説明を読んだり、

クイズに答えたりしながら屋外へ。

すぐ近くに成田空港があり、飛行機の発着が見られました。
かなりの至近距離で大きな飛行機が見ることができ、とても迫力がありました。

「すごいわね~。こんなに近くで見るのは初めて!」と、ご入居者さまが予想以上に楽しまれ、
あっという間に予定時間を超過。
ホームへの帰着がずれ込みましたが、それだけ楽しんでいただけたのなら本望と、
同行したスタッフも笑顔で帰ってきました。
これからも、ご入居者さまに楽しんでいただける企画を立てていきます。

ホームの日常2017年09月26日更新

敬老会を行いました。

2017年09月23日

9月18日(月)に納涼祭を行いました。
クリーンスタッフが生けたお花を楽しんでいただくと共に、
スタッフのピアノ伴奏で懐かしい歌を唄いました。

こちらは、当日に合わせて、SOMPOケア ラヴィーレ流山おおたかの森の
クリーンスタッフが作成した生け花です。
1人でも多くのご入居者さまにご鑑賞いただこうと、会場の入り口に設置しました。
かなりの力作に、お花好きなご入居者さまからは「すごく綺麗ね。教えて欲しいわ。」との声も聞かれました。

敬老会の風景です。
ご入居者さまが子どもの頃に口ずさんでいた懐かしい歌を、ピアノの伴奏に合わせて一緒に歌いました。
4月に新卒で入社した2人が、ピアノとメイン進行で頑張ってくれました。

ご入居者の皆さま、敬老の日おめでとうございます。
ホームの日常が恙なく、穏やかに流れていきますように、これからもスタッフ一同頑張って参ります。
若輩者の集まりですが、よろしくお願いいたします。

ホームの取り組み2017年09月19日更新

納涼祭を行いました。

2017年09月16日

9月16日(土)納涼祭を行いました。
手作りの御神輿とフラダンスをご入居者さまに楽しんでいただきました。

SOMPOケア ラヴィーレ流山おおたかの森では、毎年スタッフが出し物を行っています。
当日までなるべくご入居者さまに内容が漏れないように練習を行いますが、
今年は特に秘密裏に練習を重ねました。
ホームで作成した御神輿を男性スタッフが担いで登場! これが納涼祭開始の合図です。
ご入居者さまもご家族さまも、スタッフの出し物がある事をご存知だからでしょうか、
期待が膨らみ「わっしょい!」「わっしょい!」と、大きな声を掛けてくださいました。

いよいよ、出し物を行う女性スタッフの登場です。
まずは年少組の演技からです。
フラダンスの衣装に着飾った、いつもと違う雰囲気の女性スタッフが観覧席の真ん中を小走りに現れます。
軽快な楽曲に乗って軽やかに踊ります。
「あそこにいるのは誰?」「誰?」と、結局最後までスタッフと気付かないご入居者さまもいらっしゃいました。

続いては年長組の登場です。
こちらはグッと大人っぽく、しっとりとした楽曲に乗って、情感たっぷりに踊り切りました。
会場は拍手喝采。笑顔に包まれました。
開始時刻に間に合わなかったご入居者さまやご家族さまから「アンコール!!」の掛け声も上がり、
再演させていただきました。
台風の影響もあり、夜の花火大会は中止となりましたが、「すごく楽しかった。」「綺麗で素敵だった。」「また来年もお願いね。」とのお言葉をいただき、盛況のうちに幕を閉じました。

ホームの日常2017年09月01日更新

朝顔が咲きました

2017年09月01日

『朝顔が咲いたらご報告致します。』と載せてから約ひと月が経ち、やっと咲き始めました。
大輪ではなく、直径5cmくらいの小さな花です。

こちらも可愛く咲いています。

蕾もちらほら見られます。
これから一気に咲くのでしょうか? ホームの皆が期待して待っています。

ホームの取り組み2017年08月09日更新

脱水予防しています

2017年08月09日

玄関から受付に向かうと目に入る位置に、2本のピッチャーを用意しています。
皆さまに気軽に飲んでいただくための経口補水液とお茶です。
経口補水液は今夏、キッチンスタッフが塩と砂糖を計量して作ってくれています。

少し見難いですが、右上のグラスの中身も経口補水液です。
入浴時と昼食時に必ず提供しています。
経口補水液はかなり薄い味の飲み物ですが、脱水傾向の方には甘く・美味しく感じるとの事。
ホームにお立ち寄りの際には、是非お試しください。

ホームの取り組み2017年08月03日更新

大切に育てています。

2017年08月01日

ご入居者さまとテラスで種から育てた朝顔です。
7月1日に、大きくなったところで玄関に移しました。
「蕾、まだ付いていないわね。」
「何色の花が咲くのかしら?」と、
じっくり観察しながら水やりを楽しんでいたのがひと月前…。

どうした事でしょう? ひと月たっても一向に花が咲きません!
背丈は伸び、葉は立派に茂っています。
「どうしてかしらね?」
「肥料のやりすぎかしら?」
そんな会話が増えました。

そんな中、見つけました。
小さな花の蕾です!
調べてみて分かったのですが、播いた種は西洋朝顔。
花が咲くのが遅い品種なのだそうです。
ご入居者さまもホッと一安心されていました。
花が咲いたら、またご報告します(^∇^)

ホームの日常2017年07月07日更新

大洗水族館でショーを楽しんできました

2017年07月07日

7月6日(木)に、大洗水族館に行ってきました。
出掛ける前のご入居者さまのご希望は『ゆっくりショーを楽しみたい!』でした。
到着後は水槽の見学もそこそこに、急いでアシカとイルカのショーに向かいました。

今回初めて同行された娘さまと一緒にプールを見ながら、
「今度はどこから出て来るのかな?」と質問されているご入居者さまに、
「たぶん、あのへんかな?」と娘さまが答えます。
とても楽しそうにお話しされていました。

いよいよイルカショーの始まりです。
皆さま身を乗り出してプールを見つめています。

今回一番盛り上がったイルカのショーです。
「すごーい!」「カワイイー!」と、賑やかな声が飛び交いました。
童心に戻って楽しんだ一日でした。

ホームの取り組み2017年07月07日更新

今日は七夕です

2017年07月07日

今日の昼食は、七夕御膳でした。

食事のお品書きがあまりに可愛いので、
女性のご入居者さまからは「持ち帰ってもいいかしら?」の声が続出しました。
もちろん、答えはOKです。
お食事の汚れがついてしまった方には、綺麗な物を差し上げました。
お食事は見た目も爽やかで、とても好評でした。

本日のレクリエーションは、
七夕にちなんだクイズと七夕の歌の歌唱でした。
食事で提供された“そうめん”も、なぜ七夕に食べる風習があるのか? がクイズになっていました。
答えは、七夕にそうめんを食べると大病しないからだそうです。
平安時代の延喜式に記述があり、健康祈願の意味を込めて現代でも食べる風習が残っているとの事。
お昼の献立を考えてくれた栄養士さんも、ご入居者さまの健康長寿を祈願してくれたんですね。

ホームの取り組み2017年06月27日更新

体力測定会を実施しました

2017年06月25日

体力測定会を開催しました。
測定項目は「5m歩行」「長座位体前屈」「30秒立ち上がり」
「開眼片脚立ち」「ピークフロー」「握力測定」の計6項目です。

写真は5m歩行を実施している様子です。
ケアスタッフがお一人おひとりに寄り添い、安全にご参加いただけるよう気を配ります。
右手にはストップウォッチを持ち、ご入居者さまの気が散らないように、
さり気無くタイムを測定しています。

写真は長座位体前屈の用具です。
一見したところでは、何を行う物なのか、よくわかりません。

上の写真の用具を使って、長座位体前屈を行っている様子です。
体前屈というと、まっすぐ立って床に向かって体を前に折る、
学校の体力測定を思い浮かべる方も多いと思います。が、
ホームで行う体前屈は椅子に座って足を延ばした状態の長座位で、無理せず安全に行います。
体力測定会は3ヶ月毎に行い、得られた記録は個人とホーム全体に分けてグラフ化し、
日々のレクリエーションや生活リハビリの組み立ての参考にしています。
過去と現在を目で見て確認できるグラフは、ケアプランの更新の際なども、
ご入居者さまに今必要な事は何なのか?を考える一助となっています。

ホームの日常2017年06月06日更新

成田山新勝寺へ行ってきました

2017年06月02日

ご入居者さまからのご要望を受け、外出レクリエーションで成田山新勝寺へ行きました。
境内は広いのですが、車椅子でも動きやすいように整地してあり、
ゆっくりと時間をかけて散策することができました。

境内の売店です

お札やお守りの種類が多くてビックリしていた4人です。
どんなご利益があるのか、ご案内文に目が釘付けでした。

おみやげ選び

成田山への外出を一番楽しみにしていたご入居者さまです。
真剣にショーケースを覗きながら、
「しばらく来ていなかったから、お土産も新しい物中心になっちゃたかな?」と。
この後、お気に入りの一品を無事に見つけて購入する事ができました。

おみやげ選び

ご家族さまから「大のお菓子っ食いなんです。特にお煎餅がお気に入りで!」との情報があったご入居者さまです。
この日も、見つめる先にはお煎餅がありました。
ご自分でじっくり選んで、瓢箪を模った小ぶりなお煎餅を購入していました。
「すごく楽しかった♪」と、ご入居者さまに好評の外出レクリエーションでした。

ホームの取り組み2017年02月27日更新

豆まき

2017年02月03日

恒例の豆まきを行いました。

一見怖くなさそうな鬼のお面ですが、スタッフの意気込みが恐怖を生み出しご入居さまがキャーキャーと。
言うまでもなく、この後の豆まきの勢いはさすがの鬼も痛がっていました。

『鬼はー外、福はー内!』

楽しいひと時を過ごしていただけたと思います!

ホームの日常2017年02月07日更新

初詣

2017年01月24日〜2017年01月25日

毎年恒例の初詣に行ってきました。
今年は酉年。
鳥のように飛躍できる年であると良いです!

皆さま、どんな願い事をされたのでしょうか。
とても気になるのですが、やっぱり教えてはいただけませんでした(笑)。

スタッフはご入居の皆さまが、幸せになれるように願っております。

ホームの取り組み2016年12月19日更新

笠間稲荷神社で参拝・笠間焼体験

2016年12月05日

日本三大稲荷のひとつです。日本全国から参拝客が訪れ、その数はなんと年間350万人。

そして正月三が日には80万人以上の参拝客が訪れ、茨城県で第1位を誇ります。
ご祭神は宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)で、正一位という最高の位をもち
一般に「お稲荷様」として親しまれている神様です。

出かけた日は雲一つなく、とても過ごしやすいお天気でした。

国が指定する伝統工芸品の一つ、笠間焼。

その歴史は江戸時代にまでさかのぼります。今でこそ笠間の代名詞と言われるほど定着した
伝統工芸ですが、戦後はプラスチック製品などの流入により、勢いをなくした時期もありました。

教室内は、釜戸のおかげでほんのりと温かさが感じられます。

土の柔らかを感じ『こんな冷たいの』『意外と柔らかいのね』と。
粘土をいじられているご入居者さまの顔はさまざま。
不安顔な方、楽しそうにされている方と、いいろいろな表情がみられました。

皆さま初めての体験なので、戸惑いながらも先生の説明を聞きながら作品をつくっていました。

『何を作ろうかしら』。。。。

スタッフが「何を作ろうとしているのですか」と問いかけると
『何がなんだかわからなくなっちゃった(笑)』と、とても楽しそうに答えてくださいました。

何かを体験するということはとても大切なことだと思います。
今後ものこのような活動を続けていきたいと思います。

ホームの日常2016年12月06日更新

5周年記念パーティー☆Ξ

2016年12月01日

5周年記念パーティーのケーキ写真です。

5周年記念のパーティーを行いました。

冬のフルーツを盛りだくさん使用した特大ケーキをご用意し、ご入居者さまに見ていただきました。
あまーい香りが一階を取り巻き、ご入居者さまの嗅覚を刺激~♡♡♡

5周年になりましたが今後も”SOMPOケア ラヴィーレ流山おおたかの森”を宜しくお願いいたします。

ホームの日常2016年12月20日更新

牧野ケアトレーナーによる回想法 ~ part 2 ~

2016年11月30日

牧野ケアトレーナーによる回想法 パート2です!

回想法とは・・・・
1960年代にアメリカの精神科医、ロバート・バトラー氏が提唱した心理療法。
~ホームページより引用

・・・・・・
過去の懐かしい思い出を語り合ったり、誰かに話したりすることで脳が刺激され、
精神状態を安定させる効果が期待できます。
・・・・・・

このような活動を継続的に行い、ご入居者さまにどのような変化があったかを
情報収集し、今後に繋げていきたいと思っています。

昔に遊んだけん玉です。
あるご入居者さまは、懐かしんで一度手にしたら離さず、ずっと続けておりました。
この、昔やったことのあることを続けるという行動ひとつにもとても意味のある事です。

ホームの取り組み2016年11月24日更新

クリスマス目前!

2016年11月22日〜

クリスマス目前!事務所横にクリスマスツリーを飾りました。

ちょっと気が早いですが・・・クリスマスツリーを飾りました。

最近は寒暖の差が激しく体調の管理が難しい時期となっています。
スタッフ一同、ご入居者さまの体調を第一に考え、衣服の調整や室温管理をさせていただきます。

ホームの日常2016年10月27日更新

おおたかの森ヒルズNURSERY SCHOOL

2016年10月25日

おおたかの森ヒルズNURSERY SCHOOL の子供達が来てくれました。

仮装した子供達が、ハロウィンのダンス「おばけのパーティー」を披露してくれました。

ご入居者さまの歓喜の声は止まらず、
『可愛いね~』『お~よし、よし』など声をあげて喜んでおりました。
また、ダンスの際は一緒に腕や頭を動かし踊る姿も!

ご入居者さま、皆さま子供たちを見る顔は笑顔になられます!!

ホームの日常2016年10月20日更新

~外出レクでスカイツリー~

2016年10月12日

☆ ソラマチに31階にある鉄板焼 ☆

摩天楼に行きました。全員ステーキランチをいただきました!
コースメニューになっており、皆さまとても満足されておりました☆

スカイツリーを真下から全員で見ました。
「すごい高いわねー。」と驚いておられました。

スカイツリーの展望デッキフロアです。
地上350m、360度に5mを超える大型のガラスを配置してあり、抜群の眺望です。

ホームで大人気のイケメン 坂下ホーム長。ポーズも決まってます!
ホーム長の周りにはいつもご入居者さまがいらっしゃいます。

スカイツリーの天望回廊です。ガラスが張り出したチューブ型の回廊で、空中を散歩する感覚が味わえます。

世界で2番目に高い展望台で、日本では自立塔坂として一番高いだけあり、眺望も素晴らしいです。

ホームの取り組み2016年10月25日更新

2016納涼祭!他 いろいろ!

2016年09月25日

納涼祭食事・お酒を片手に、お祭り気分も盛り上がりました。

納涼祭前日。全セクションで協力して、納涼祭の飾り付けの準備をしました。

毎年恒例になっている、ネイルアートを今年も行いました。

例年以上に好評で、皆さまネイルをされ喜ばれていました。

『いろいろな種類があって迷っちゃう~』などとおっしゃりながら選んでおられました。

今年は今までになかった、写真スポットを作りました。
ホームのマスコットキャラの「おおたかマン」と一緒に写れるので大人気でした。

地域交流で、毎年来ていただいている小山小学校に今年も来てもらいました。

今年は4年生が来てくれ、合唱や群読を披露してくれました。
ご入居者さまにもとても好評でした。

小学生の合唱はいつもとても迫力があります。
ご入居者さまも小学生と一緒に口ずさみ、手を叩くしぐさが見られました。

小学生を見守る眼はともても優しく、我が子を見守るような眼をされております。
未来の希望に感謝し、いつまでも遊びに来てくださいー

食育レク

16新卒のキッチンスタッフ長田が第2回食育レクを行いました。

今回は骨粗鬆症に効果のある食材や提供しているホームの食事について、
ゲーム形式で食育レクを行いました。
今回はカルシウム豊富なミックスジュースを提供して、ご入居者さまに試飲していただきました。

ホームの日常2016年09月02日更新

牧野ケアトレーナーによる、回想法

2016年09月01日

回想法とは?
1960年ごろから概念として出てきたものです。
年をとると昔の話を繰り返したり、昔経験したことが「今」起こっているかのように詳細に述べたりする、
という行動をとります。この行動は、周囲の人にとってはともすればうっとうしく思われがちでした。

しかし研究が進むうち、「昔のことを思い出すことにより、現在の生活や心を豊かにするのではないか」
と考えられるようになりました。
現在では、認知症予防のための一つの方法となりうるのではないか、という見方も出てきており、
多くの高齢者施設などでも導入されています。
「話す」「聞く」というコミュニケーションは、認知症予防において非常に効果的であるため、
回想法が取り入れられるようになったのも、自然の流れと言えるでしょう。

認知機能が向上する?回想法の3つの効果
認知機能の向上が見込めるのではないか、と言われている方法に「回想法」があります。

1.回想法とは?
2.回想法の種類
 2-1.個人回想法
 2-2.グループ回想法
3.回想法がもたらす3つの効果が認知機能の向上につながる
 3-1.脳の活性化
 3-2.コミュニケーション意欲の向上
 3-3.心の安定

などをご入居者さまに説明させていただきました。

思い出話の力「回想法」で認知症ケアを、というスタッフの思いで始まった取組み。
ご入居者さまお一人おひとりの思いをくみ取り回想に導く・・・・

『気持ちが落ち着いたわ』『なにかこころがすっとした』など、
参加したご入居者さまから言葉をいただきました。