title-icon01介護付有料老人ホーム

SOMPOケア ラヴィーレ流山おおたかの森

ホームだより

ホームの取り組み2017年02月27日更新

豆まき

2017年02月03日

恒例の豆まきを行いました。

一見怖くなさそうな鬼のお面ですが、スタッフの意気込みが恐怖を生み出しご入居さまがキャーキャーと。
言うまでもなく、この後の豆まきの勢いはさすがの鬼も痛がっていました。

『鬼はー外、福はー内!』

楽しいひと時を過ごしていただけたと思います!

ホームの日常2017年02月07日更新

初詣

2017年01月24日〜2017年01月25日

毎年恒例の初詣に行ってきました。
今年は酉年。
鳥のように飛躍できる年であると良いです!

皆さま、どんな願い事をされたのでしょうか。
とても気になるのですが、やっぱり教えてはいただけませんでした(笑)。

スタッフはご入居の皆さまが、幸せになれるように願っております。

ホームの取り組み2016年12月19日更新

笠間稲荷神社で参拝・笠間焼体験

2016年12月05日

日本三大稲荷のひとつです。日本全国から参拝客が訪れ、その数はなんと年間350万人。

そして正月三が日には80万人以上の参拝客が訪れ、茨城県で第1位を誇ります。
ご祭神は宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)で、正一位という最高の位をもち
一般に「お稲荷様」として親しまれている神様です。

出かけた日は雲一つなく、とても過ごしやすいお天気でした。

国が指定する伝統工芸品の一つ、笠間焼。

その歴史は江戸時代にまでさかのぼります。今でこそ笠間の代名詞と言われるほど定着した
伝統工芸ですが、戦後はプラスチック製品などの流入により、勢いをなくした時期もありました。

教室内は、釜戸のおかげでほんのりと温かさが感じられます。

土の柔らかを感じ『こんな冷たいの』『意外と柔らかいのね』と。
粘土をいじられているご入居者さまの顔はさまざま。
不安顔な方、楽しそうにされている方と、いいろいろな表情がみられました。

皆さま初めての体験なので、戸惑いながらも先生の説明を聞きながら作品をつくっていました。

『何を作ろうかしら』。。。。

スタッフが「何を作ろうとしているのですか」と問いかけると
『何がなんだかわからなくなっちゃった(笑)』と、とても楽しそうに答えてくださいました。

何かを体験するということはとても大切なことだと思います。
今後ものこのような活動を続けていきたいと思います。

ホームの日常2016年12月06日更新

5周年記念パーティー☆Ξ

2016年12月01日

5周年記念パーティーのケーキ写真です。

5周年記念のパーティーを行いました。

冬のフルーツを盛りだくさん使用した特大ケーキをご用意し、ご入居者さまに見ていただきました。
あまーい香りが一階を取り巻き、ご入居者さまの嗅覚を刺激~♡♡♡

5周年になりましたが今後も”SOMPOケア ラヴィーレ流山おおたかの森”を宜しくお願いいたします。

ホームの日常2016年12月20日更新

牧野ケアトレーナーによる回想法 ~ part 2 ~

2016年11月30日

牧野ケアトレーナーによる回想法 パート2です!

回想法とは・・・・
1960年代にアメリカの精神科医、ロバート・バトラー氏が提唱した心理療法。
~ホームページより引用

・・・・・・
過去の懐かしい思い出を語り合ったり、誰かに話したりすることで脳が刺激され、
精神状態を安定させる効果が期待できます。
・・・・・・

このような活動を継続的に行い、ご入居者さまにどのような変化があったかを
情報収集し、今後に繋げていきたいと思っています。

昔に遊んだけん玉です。
あるご入居者さまは、懐かしんで一度手にしたら離さず、ずっと続けておりました。
この、昔やったことのあることを続けるという行動ひとつにもとても意味のある事です。

ホームの取り組み2016年11月24日更新

クリスマス目前!

2016年11月22日〜

クリスマス目前!事務所横にクリスマスツリーを飾りました。

ちょっと気が早いですが・・・クリスマスツリーを飾りました。

最近は寒暖の差が激しく体調の管理が難しい時期となっています。
スタッフ一同、ご入居者さまの体調を第一に考え、衣服の調整や室温管理をさせていただきます。

ホームの日常2016年10月27日更新

おおたかの森ヒルズNURSERY SCHOOL

2016年10月25日

おおたかの森ヒルズNURSERY SCHOOL の子供達が来てくれました。

仮装した子供達が、ハロウィンのダンス「おばけのパーティー」を披露してくれました。

ご入居者さまの歓喜の声は止まらず、
『可愛いね~』『お~よし、よし』など声をあげて喜んでおりました。
また、ダンスの際は一緒に腕や頭を動かし踊る姿も!

ご入居者さま、皆さま子供たちを見る顔は笑顔になられます!!

ホームの日常2016年10月20日更新

~外出レクでスカイツリー~

2016年10月12日

☆ ソラマチに31階にある鉄板焼 ☆

摩天楼に行きました。全員ステーキランチをいただきました!
コースメニューになっており、皆さまとても満足されておりました☆

スカイツリーを真下から全員で見ました。
「すごい高いわねー。」と驚いておられました。

スカイツリーの展望デッキフロアです。
地上350m、360度に5mを超える大型のガラスを配置してあり、抜群の眺望です。

ホームで大人気のイケメン 坂下ホーム長。ポーズも決まってます!
ホーム長の周りにはいつもご入居者さまがいらっしゃいます。

スカイツリーの天望回廊です。ガラスが張り出したチューブ型の回廊で、空中を散歩する感覚が味わえます。

世界で2番目に高い展望台で、日本では自立塔坂として一番高いだけあり、眺望も素晴らしいです。

ホームの取り組み2016年10月25日更新

2016納涼祭!他 いろいろ!

2016年09月25日

納涼祭食事・お酒を片手に、お祭り気分も盛り上がりました。

納涼祭前日。全セクションで協力して、納涼祭の飾り付けの準備をしました。

毎年恒例になっている、ネイルアートを今年も行いました。

例年以上に好評で、皆さまネイルをされ喜ばれていました。

『いろいろな種類があって迷っちゃう~』などとおっしゃりながら選んでおられました。

今年は今までになかった、写真スポットを作りました。
ホームのマスコットキャラの「おおたかマン」と一緒に写れるので大人気でした。

地域交流で、毎年来ていただいている小山小学校に今年も来てもらいました。

今年は4年生が来てくれ、合唱や群読を披露してくれました。
ご入居者さまにもとても好評でした。

小学生の合唱はいつもとても迫力があります。
ご入居者さまも小学生と一緒に口ずさみ、手を叩くしぐさが見られました。

小学生を見守る眼はともても優しく、我が子を見守るような眼をされております。
未来の希望に感謝し、いつまでも遊びに来てくださいー

食育レク

16新卒のキッチンスタッフ長田が第2回食育レクを行いました。

今回は骨粗鬆症に効果のある食材や提供しているホームの食事について、
ゲーム形式で食育レクを行いました。
今回はカルシウム豊富なミックスジュースを提供して、ご入居者さまに試飲していただきました。

ホームの日常2016年09月02日更新

牧野ケアトレーナーによる、回想法

2016年09月01日

回想法とは?
1960年ごろから概念として出てきたものです。
年をとると昔の話を繰り返したり、昔経験したことが「今」起こっているかのように詳細に述べたりする、
という行動をとります。この行動は、周囲の人にとってはともすればうっとうしく思われがちでした。

しかし研究が進むうち、「昔のことを思い出すことにより、現在の生活や心を豊かにするのではないか」
と考えられるようになりました。
現在では、認知症予防のための一つの方法となりうるのではないか、という見方も出てきており、
多くの高齢者施設などでも導入されています。
「話す」「聞く」というコミュニケーションは、認知症予防において非常に効果的であるため、
回想法が取り入れられるようになったのも、自然の流れと言えるでしょう。

認知機能が向上する?回想法の3つの効果
認知機能の向上が見込めるのではないか、と言われている方法に「回想法」があります。

1.回想法とは?
2.回想法の種類
 2-1.個人回想法
 2-2.グループ回想法
3.回想法がもたらす3つの効果が認知機能の向上につながる
 3-1.脳の活性化
 3-2.コミュニケーション意欲の向上
 3-3.心の安定

などをご入居者さまに説明させていただきました。

思い出話の力「回想法」で認知症ケアを、というスタッフの思いで始まった取組み。
ご入居者さまお一人おひとりの思いをくみ取り回想に導く・・・・

『気持ちが落ち着いたわ』『なにかこころがすっとした』など、
参加したご入居者さまから言葉をいただきました。